顎関節症でお悩みの方へ 顎関節症の苦痛から解放されて心と体の健康を取り戻すには?

目次

つらい顎関節症でお困りではありませんか

✅ 口を開けるときに鋭い痛みが走り、食事や会話が辛くなる。
✅ 毎日の頭痛が辛く、仕事や生活の質に影響が出ている。
✅ アゴの動きが悪く、口を動かすことが難しい。食べ物を噛むことが苦痛になった…。
✅ 就寝時に歯ぎしりしているのか…、起床時にアゴが疲れていて痛む。
✅ 日中でも無意識に食いしばって、口周りやアゴに痛みやこわばりがある。
✅ 顔や頭周りの筋肉が張って、頭の重さや締め付け感を感じる。
✅ 口の中や顔に張り感があり、リラックスできない。
✅ 頭や首、肩にコリや痛みが常にあり、日常生活に支障をきたしている。
✅ スマホ操作やパソコン作業によって、アゴや首の痛み・凝り、頭痛が悪化している。
✅ ストレスが原因で、食いしばり癖が悪化している。
✅ アゴがカクカクして、自然なスマイルができない。
✅ 食べ物を噛むときに音がして気になる。
✅ 歯科医院で歯列矯正やマウスピースを試したが、効果を感じられない。
✅ アゴの不快感や痛みが原因で、集中力や睡眠の質が低下している。
✅ 長時間のミーティングで話す時間が増えると、アゴの痛みや疲労感が増す。
✅ 顎関節症のため、笑顔を作ることが難しく、人に会いたくない。
✅ 上手に笑うことができず、周囲の人々とのコミュニケーションに支障をきたしている。
✅ ストレスを感じると、無意識に食いしばって顔周りが緊張し不安になる。
✅ マッサージをしても一時的な効果しか感じられない。
✅ 顎関節症状のため勉強や仕事のパフォーマンスが低下し、イラだちを感じる。

顎関節症とは?


顎関節症は、頭の側頭骨と下アゴの下顎骨をつなぐ顎関節のバランスが崩れ、かみ合わせに問題が生じる状態を指します。この症状は、多くの人々が経験するものですが、特に女性の30代から40代に多く見られます。顎関節症は、アゴの可動域の制限、異音、痛み、腫れ、さらには頭痛や首・肩のこりなどの他の身体的な不快感を引き起こすことがあります。

歯ぎしりについて

「歯ぎしりには、覚醒時グラインディング(=歯ぎしり)や睡眠時グラインディングの2種類があります。」と、ロサンゼルスのシーダーズ-シナイ・痛みセンターで口腔顔面痛を専門とする歯科医師のDr.カタユーン・オムラニは述べています。覚醒時グラインディングは文字通り人々が目覚めている間に歯ぎしりをするケース、睡眠時グラインディングは眠っている間に歯ぎしりや食いしばりをするケースです。

歯ぎしりの原因:ストレス

歯ぎしりの引き金となる主な原因は明白です。「ストレスと不安が最大の原因です。」と、Dr.オムラニはライブサイエンス誌に答えています。また、他の要因が引き金の役割を果たす可能性もあります。「神経臨床診察ジャーナル」誌に発表された症例報告の系統的レビューによると、主要なものに抗うつ薬の一種である選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)の使用が関わっています。「抗うつ薬の服用については、必ず尋ねる質問です。それに続く質問としては、薬を服用してからどれくらい経ちますか?この薬を服用してから歯ぎしりが悪化したと思いますか?など。たいていの場合、関連性が見つかります。」と、Dr.オムラニは述べます。

SSRIの他には、喫煙、カフェインやアルコールの大量摂取、逆流性食道炎も歯ぎしりのリスクを高める可能性があるとDr.オムラニは説明しています。一方、睡眠時無呼吸症候群については、睡眠時の歯ぎしりのリスクを高めるという疑いがありますが、「睡眠・呼吸ジャーナル」誌に掲載された2020年のレビューでは、歯ぎしりとの決定的な関連性は見つかりませんでした。

1/3の人々が日中に歯ぎしり

現在、歯ぎしりはかなり一般的です。米国のメイヨー・クリニックによると、成人の約3分の1が覚醒時グラインディングを、10人に1人が睡眠時グラインディングを経験しています。彼らの中には何も医学的な問題が起こらない人もいますが、首や顎の痛み、頭痛、歯茎の後退、歯の損傷を引き起こし、歯冠や抜歯が必要になる人もいます。Dr.オムラニによると、歯の神経は過剰に刺激されている可能性があり、実際には根管治療が必要になる可能性があります。これらの症状は通常、覚醒時グラインディングではなく睡眠時グラインディングに関連していると、彼女は付け加えます。

歯ぎしり対策

覚醒時グラインディングの治療は簡単です。「日中の歯ぎしりでは、上下の歯を離すことを常に意識することです。また、そうしないように周囲の人々に協力を求めましょう。「私は食いしばっていましたか?」と、周囲に尋ねることをDr.オムラニは推奨します。また、痛みに熟知した心理学者と協力して、歯を食いしばるきっかけとなる根本的な問題を特定し、ストレス管理を学ぶことも重要です。

顎関節症を放置すべきではない医学的な理由

顎関節症を放置することは避けるべきです。なぜなら、症状が進行すると、さまざまな身体的な、あるいは、精神的な問題やを引き起こす可能性があるからです。

第一に、顎関節症は日常生活において大きな制約を与えることがあります。食事や会話が困難になったり、眠りが浅くなったりすることで生活の質が低下する可能性があります。

さらに、長期間にわたって顎関節症が放置されると、周囲の筋肉や関節にも影響を及ぼすことがあります。これにより、頭痛、首・肩のこり、背中や腰の痛みなどのさまざまな症状が現れることがあります。

顎関節症は、体の土台である骨盤、大黒柱とも言える背骨の傾きや歪みによって、頭の位置がずれることで引き起こされます。

また、顎関節症は反対咬合、過蓋咬合、切端咬合、開咬、上顎前突不正咬合などの不正咬合によって引き起こされることがあります。症状を放置すると不正咬合が悪化し、さらなる健康問題を引き起こす可能性もあります。)

顎関節症は身体的な不快感だけでなく、精神的なストレスももたらすことがあります。この状態に悩む方々は、日常生活において不安やイライラを感じることがあります。

以上の理由から、顎関節症を放置せずに適切な治療を受けることが重要です。正しいアプローチで治療を行うことで、身体的な不快感や制約を軽減し、心身のバランスを回復することができます。

もし、あなたが顎関節症でお悩みなら、早めに専門家の診断と適切な治療を受けることをおすすめします。信頼できるカイロプラクティックの専門家に相談することも良いでしょう。当院、カイロプラクティック・オフィス「オレア成城」では、20年以上の経験と専門的な知識を持った米国公認ドクターが、無痛で効果的な施術を提供しています。

興味を持たれましたら、ぜひ一度、当院にご相談ください。あなたの健康と心身のバランスを取り戻すお手伝いをさせていただきます。

顎関節症の治療とは?

顎関節症の医学的な治療は、一般的には薬物療法、物理療法、セルフケア指導、心理療法などが組み合わされます。また、重度の場合には外科的手術も必要とされることがあります。

顎関節症に効果的なカイロプラクティック調整とは?

顎関節症に効果的なカイロプラクティック調整は、無痛で体に負担の少ない、非侵襲的(ひしんしゅうてき)で自然な施術アプローチです。顎関節症の調整に効果的です。特に、アゴの関節やアライメント(配列)の乱れを正し、咀嚼筋や顎関節の正常な動きを回復させることによって、痛みや不快感を軽減し、関節の機能を改善することが可能です。

当院での施術によって、顎関節のバランスが整う理由が3つあります。

① 神経学的アプローチ

当院では神経学的な検査を行い、不安定な関節や関連する筋肉の弱化を特定します。それに基づいて、カイロプラクティック・アジャストメントを行い、神経の流れを正常化します。これにより、姿勢が整うだけでなく、顎関節の安定性が回復し、痛みや不快感が軽減されます。

② 全身のバランス調整

顎関節症は、頭や首、肩などの周辺部位の問題と密接に関連しています。当院では、頭蓋骨や四肢のアジャストメントを専門としており、全身のバランスを整える施術を行います。これにより、関節への負担が軽減され、顎関節の機能が改善されます。

③ 総合的なアプローチ

顎関節症は多くの要素によって引き起こされるため、単一のアプローチでは解決しづらい場合があります。当院では、施術に加えて生活習慣の見直しやストレス管理のアドバイスも行います。症状の根本的な原因にアプローチすることで、持続的な改善が期待できます。

通院回数の目安

これらのアプローチにより、当院では顎関節症の患者さんに対して効果的な施術を提供し、症状の改善や日常生活の質の向上をサポートします。

軽度の方

軽度の顎関節症の方は、3~5回の施術で改善を実感することが多いと言えます。症状が軽い場合、関節の安定性を整える施術によって早期に痛みや不快感が軽減され、日常生活への悪影響が少なくなります。

中度の方

中度の顎関節症の方には、通常6~10回の施術が推奨されます。関節や周辺の軟部組織の調整によって、症状が改善されることが期待できます。この回数でより持続的な効果を実感し、日常生活やパフォーマンスにおいて違和感を感じることなく過ごせるようになります。

重度の方

重度の顎関節症の方には、通常11~20回の施術が必要です。重度の症状や長期間の悩みに対して、徐々に筋肉や関節のバランスを整えていきます。間隔を開けずに通院いただくことによって、持続的な改善と安定性を実現し、生活品質や心身の調和を取り戻すことが期待できます。

※ 実際の通院回数は、症状の潜伏期間や進行度合いによって、上記を異なる場合がございます。

よくいただく質問

以下は、クライアントからよくいただく質問とその回答です。

Q カイロプラクティックは安全ですか?

A はい、カイロプラクティックは WHO(世界保健機関)にも認められた安全な代替医療です。当院の院長、藤原邦康はWHOが定める「カイロプラクティック大学での専門教育課程を4200時間以上履修する」という基準を満たした、日本に100人に満たない「米国公認ドクター・オブ・カイロプラクティック」称号の保持者であり、安心で安全な施術をご提供しています。

Q 顎関節症の原因は何ですか?

A 顎関節症の原因はさまざまですが、姿勢やストレス、不正咬合などが主な要因とされています。

Q 顎関節症の症状はどのようなものですか?

A 顎関節症の症状には、アゴの動きの制限、痛み、腫れ、緊張型頭痛や首・肩のこりなどがあります。

Q カイロプラクティックは効果がありますか?

A カイロプラクティックは顎関節症に対して効果的だと考えられています。背骨や四肢の関節の配列(アラインメント)および神経の流れを正常化することにより、脳と神経の可塑性に影響を与え、心身を正しい状態に回復させます。

Q カイロプラクティックは痛くないですか?

A はい、正しいカイロプラクティックは無痛です。当院の施術は繊細なタッチによるソフトな施術で、痛みを感じることはほぼありません。

Q 施術料金はどれくらいですか?

A 施術料金は個別のケースによって異なります。初回の診察で詳細なカウンセリングと検査を行った上で、適切な治療プランと料金をご案内させていただきます。詳しくは料金ページをご参照ください。

Q 施術中に何をするのですか?

A 施術中は、神経学的検査に基づいて関節の可動性および安定性(Stability)をチェックし、不安定な関節と関連する筋肉の弱化を確認します。そして、無痛かつ短時間のカイロプラクティック・アジャストメントによって、背骨や四肢の関節の配列および神経の流れを整えます。

Q 保険は適用されますか?

A あいにく現在、日本では、カイロプラクティックは健康保険の適用外となっております。

Q 顎関節症は再発することがありますか?

A 顎関節症は再発することがある場合もありますが、正しい姿勢や噛み合わせを保つことで再発リスクを低減することができます。

Q カイロプラクティックはどのくらい頻繁に受ける必要がありますか?

A カイロプラクティック療法の頻度は個人によって異なります。初回の診察で治療プランをご提案させていただき、それに基づいて頻度を決定します。

Q カイロプラクティックは何歳から受けられますか?

A カイロプラクティック治療は年齢に関係なく受けられます。幼児からご年配の方まで幅広い年齢層の方々が施術を受けています。

Q カイロプラクティックは他の治療法と併用できますか?

A はい、カイロプラクティックは、歯科治療など、他の治療法と併用することができます。もしご不安な場合は、主治医とご相談ください。医師からお問い合わせいただけば、院長から詳細についてお答えいたします。

Q 施術に関して注意事項はありますか?

A 施術後は体を適度に休めることが推奨されます。万が一、施術後に違和感がある場合はすぐにご連絡いただければ対処法をご案内いたします。

Q 施術にどれくらいの時間がかかりますか?

A 施術には個人によって異なる要素がありますが、通常は20分程度の時間を要します。顎関節症の改善に要する期間は個人によって異なります。一般的に数回の施術で効果が現れることが多いですが、重度の場合や原因によっては長期的な治療が必要な場合もあります。

Q カイロプラクティックは効果が持続するのですか?

A カイロプラクティックの効果は個人によって異なりますが、適切な姿勢や噛み合わせを保つことで効果を持続させることができます。

Q カイロプラクティックでは全身の関節を調整してもらえますか?

A はい、カイロプラクティックは背骨や四肢の関節だけでなく、顎関節や肩、肘、手根骨、股関節、膝関節、足関節などの四肢のアジャストメントも行います。

Q カイロプラクティックの効果は一時的ですか?

A カイロプラクティックは一時的な効果だけでなく、根本的な改善を目指す療法です。正しい姿勢や噛み合わせを保つことによって持続的な効果を得ることができます。

Q 顎関節症にカイロプラクティックは適していますか?

A はい、カイロプラクティックは顎関節症に対して適した療法です。院長の経験と知識に基づいた施術で、顎関節症の軽減を図り、心身のバランスを取り戻すお手伝いをいたします。

オレア成城の特徴

カイロプラクティック・オフィス「オレア成城」では、顎関節症に悩む方々に対して、最適な施術を提供しています。院長は「米国公認ドクター・オブ・カイロプラクティック」の称号を有し、20年以上の経験と10万人以上の施術実績を持っています。その間にセミナー講師も務め、幅広い知識を積んできました。

当院の施術の特徴は、神経学的検査に基づいた施術です。関節の安定性(Stability)をチェックし、不安定な関節にどの弱化筋が関わっているかを毎回確認します。

そして、無痛で短時間のカイロプラクティック・アジャストメントによって、背骨や四肢の関節の配列および神経の流れを整えます。私たちは体を本来の状態に戻すことにこだわり、根本的な改善を目指す治療法を提供しています。

特に顎関節(かみ合わせ)バランスや上部頚椎の調整に力を入れており、顎関節症に悩む方々の症状を軽減し、心身のバランスを取り戻すお手伝いをしています。私たちの施術は無痛でありながらも、効果がはっきりと分かる短時間アプローチです。

また、脊椎や骨盤だけでなく、頭蓋骨調整に加え、四肢のアジャストメントにもエキスパートです。そのため、Jリーガーや世界的なスポーツ選手から一般の方まで、幅広い人々から信頼されています。当院は、NHK、TBS、フジテレビなどからも取材を受けており、骨格の専門家として高評価をいただいております。

ご利用につきまして

クレジットカード決済も可能であり、お支払い方法にも便利さを提供しています。

アクセス面でも便利であり、小田急線成城学園前から徒歩3分で到着することができます。営業時間も夜20時までであり、土曜日も営業しています。また、広いリラックス空間ではプライバシーが保たれ、着替えも用意しています。

私たちのオフィスでは、顎関節症に悩む方々に安心で効果的な施術を提供しています。もしも顎関節症でお悩みなら、ぜひ一度私たちのカイロプラクティック・オフィスを訪れてみてください。あなたの健康と心身のバランスを取り戻すお手伝いをさせていただきます。

ご予約はお電話またはウェブサイトから承っておりますので、ぜひご連絡ください。

ご予約方法

今すぐ、フリーダイヤル 0120-805-241 までお電話ください。
また、LINEでもご予約いただけます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次